中学校部活問題1 私の生い立ち

中学校の部活問題を語るにあたって,ぜひ記しておかなければならないことがあります。

「私の生い立ち」です。

SNSで見ている多くの若い中学校の先生方は,「どーせ大学の先生が,外野から見て,ヤジってるんだろ~」ぐらい思っていると思います。

 

そういうふうに考えているがいらっしゃれば,ぜひ連絡下さい(笑)。

 

語るのは,私のことと言うよりも,私の父のことです。(こんなことをブログに書く日が来ようとは,夢の夢にも思っていませんでした…。)

私の父は中学校の体育教師でした。副免許で数学を教えていました。

私がここでお知らせしたいのは,「昔の体育教師は現在のそれと比ではない」ということです。

 

私の子どもの頃の記憶は,3歳にさかのぼります。それ以前の記憶はありません。

 

私が覚えているのは,朝,目が覚めたら青空が見えたことです!!

起きて見ると,そこは中学校のグラウンド。バレーボールの外コートです。

私はバレーボールのボールかごの中に入って寝かされていました。

 

そう,夏休みの早朝。バレー部の朝練習。

私はボールかごの中のボールの上に毛布を敷かれ,その上に寝かされていたわけです。

 

どうです,想像できますか?

 

着ていたのは寝巻(今のパジャマ)と丹前(温泉に行くと着るやつ)。

 

私の父は,自分の3歳の息子をバレーボールのかごの中に置いて(?),部活をやっていたんですね(笑)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です