校長のリーダーシップについて考える

そろそろ2月も中旬に入り,学校では人事異動が気になるところである。

ところで,校長のリーダーシップの発揮が強く求められている昨今,教職員の人事異動は校長の考えるとおりに行われているだろうか。 というのもここ数年,「人事異動など,1人も希望通りにならない」という校長先生方の話を耳にするからだ。 校長の意図するような人員配置がなされている所ならよいが,そうでない学校とはどのようになるのであろうか。仮になされていない場合を考えてみたい。

校長は様々な学校の経営課題を解決すべく,計画を立てるであろう。その際重要なのはそのような力を持つ教員をどう集めるかである。 生徒指導がうまい,パソコンが指導できる,学力向上に優れている,部活の指導がうまい,など様々なタイプの先生がおり,適材適所に配置されれば相当な教育効果を上げられることが期待できる。 これがうまく集まればよいが,そうでなければ,学校は校長の意図した課題を解決することが難しくなる。校内でそういった先生を育てようと思えば数年はかかる。自身だって転勤してしまう可能性もある。

ではそれがなぜ,できないのか。 それは「教育委員会や教育事務所などの人員を配置する部門で,現場に合った配置ができていない」というのが私の結論である。それは理由を挙げれば,学校間の年齢層等の構成,教諭や講師等の人数配分,教育予算などきりがない。しかしそのような条件的な制約があるにしても,人員配置は都道府県教委や教育事務所の仕事な訳で,他でやっているところはないのである。

また教育現場では,初めから必要なものが用意されず(担保されず)自前でやれ,という類のものが非常に多い。知恵を絞るにも限界がある。 校長にとって優秀なブレーンもいないとなれば,そのような学校改革は不可能である。校長一人の力では限界である。学校は校長一人の力で動いているのではないのである。

もう一つ,校長のリーダーシップを考える上で重要なのが,「校長自身の配置」である。 校長も何校か経験すると段々その地域で「格上」の学校へ転勤していくようである。(但し,格上という位置付けが単に生徒数が多い大規模校か,その地域の歴史などから来るものかは定かではない) しかし「私は,ここの学校には向いていないなあ・・・・」と思っている校長自身もいるのではないだろうか。

生徒や先生と,比較的距離も近く話し好きである,等という人は小規模の学校へ,多少人付き合いは下手でも学校のマネジメントに優れた人は大規模校,地域との関係を気付くのが好きな人は,地域と距離感の近い学校へ,などということが考えられよう。

しかしこれもうまくマッチしていないと,校長を含め,生徒,地域など,多方面にわたって,影響が大である。これらの配置も当然,教育行政組織が担うことになっている。 教育行政を担う組織には,もっと知恵を働かせ,より適材適所を図ってほしいところである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です